メインイメージ

働く車の分類

子供の頃の憧れのひとつに「働く車」を挙げられた方も多いのではないでしょうか。

ブルドーザー

働く車の中でも子どもにも人気があるのがブルドーザーです。

子どもが大好きな働く車

書店では図鑑や絵本で働く車のものが多数並んでいるくらい、子どもが大好きな車です。

生活に溶け込む車という存在

今や私達にとって身近な存在となった車ですが、私達の周りには私達の生活に無くてはならない車がたくさんあります。ここでは、そんな働く車についてご紹介していきます。

まず、街で活躍している働く車について紹介します。私達が日頃よく見かけるのが、警察車両の「パトロールカー」です。パトロールカーは一般的には「パトカー」と呼ばれており、街中をパトロールしたり、事件や事故が発生した際の初動措置を行うなど、「動く交番」の役割を担っています。

また、急病人やけが人を医療施設まで迅速に運ぶ「救急車」も、働く車の一つとして挙げられます。救急車には応急処置用の医薬品や医療機器、酸素ボンベなどを搭載しており、車内で医療措置が施せるようになっています。

そして、私達を目的の場所まで連れて行ってくれるバスやタクシーも、働く車の一つといえるでしょう。

バスに関しては、一般的な「路線バス」を始め、観光に使われる「観光バス」や「高速バス」、「2階建てバス」や「水陸両用バス」など、様々な種類があります。

どのバスも、私達の生活を支える上で無くてはならない存在といえます。

さらに、人ではなく「物」を運ぶ車も忘れてはなりません。物を運ぶ車として挙げられるのが、郵便局で使われる「郵便車」、そして宅配便などで使われる「集配車」です。前者は、主にポストに投函された郵便物などの回収、配達をしたり、「ゆうパック」と呼ばれる小包の集荷や配達を行っています。後者は、宅配の荷物を集荷したり配達するのに使われる車です。宅配業界最大手の「ヤマト運輸」では、楽に作業が出来る「ウォークスルーバン」が使われており、同社を象徴する車両として有名です。

ちなみに、車というイメージがわきづらいものの、倉庫などで使われる「フォークリフト」や「牽引車」も立派な働く車といえます。

このように、私達の身近にはたくさんの働く車が活躍しており、私達の生活を縁の下で支えてくれているのです。